FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by katsu1009  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

旅館営業許可考察3

事前に協議・相談する窓口は保険所の担当部署になります。
新規に用地・物件の選定などを行う場合は、あらかじめ市町村などに都市計画法上の制限などを問い合わせておいた方が良いでしょう。
新規に建物を建築する場合は、あまり細部に至って計画を詰めてからではなく、ある程度計画が形になってきたくらいに行政と協議しつつ細部を決めていくほうが、リスクを減らすのには良いでしょう。
既存の建築物を利用する場合、この時点でその建築物での営業許可取得を断念せざるをえないか、改築などを施さなければ許可を取得できないかがわかってきます。
スポンサーサイト
by katsu1009  at 14:50 |  ゲストハウスに必要な許可 |   |   |  page top ↑
メニュー
最新の更新事項
ご連絡はこちらへ
行政書士かつみ法務事務所
京都市上京区芝大宮町16-6
TEL&FAX075-441-3307

お電話でのお問い合わせは夜8時まで、FAXは土日祝でも受け付けております
メールの方はこちらからどうぞ

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。